公務員保育士 をめざす!
子どもの「すべて」が学べるコース
4年制/大学併修

東京福祉大学卒業資格(学士)+α!!

東京福祉大学保育児童学部保育児童学科と併修

他校とここが違う!4つのメリット

  • 東京福祉大学の科目で、保育や幼児教育の専門家に必要な社会福祉や心理学・家族のサポートも学べる

  • 保育の現場経験が豊富な先生が多く、実際の現場の経験を活かした授業が受けられる

  • ピアノ初心者でも力がつく。豊富な実技授業と複数講師の個別指導でピアノをマスター

  • クラス担任制・学生相談室(カウンセラー)による親身の指導

みんなを笑顔にする 「こども」のスペシャリスト!

保育士の仕事

保育士の仕事は「親の代わりになって子育てをすること」
まさに「子育てのプロ」なのです。
親の代わりとなるので、こどもから親しまれ、信頼されることが何より大事です。
こどもと一緒に楽しく遊び「この先生とたくさん遊びたい!」「保育園に行きたい!」と、感じてもらうように保育士として工夫を重ねていくことや、食事・睡眠・排泄・清潔・洋服の着脱などの基本的習慣を身につけさせ「自分でやりたい!」という気持ちや集団生活におけるルールや社会性を認識させたり、友達の気持ちに共感したり、思いやりの感性など多くのことを保育園で育んでいきます。

公務員保育士

公務員保育士とは、保育士資格を取得し、地方自治体が定める公務員採用試験(保育士採用)に合格後、都道府県・市区町村の公立保育所や児童福祉施設で働く保育士です。安定した給与や充実した福利厚生など、公務員として働くメリットが大きいので、本校では公務員保育士採用試験合格サポートにも力を入れています。


幼稚園教諭の仕事

幼稚園教諭は、満3歳児から就学前のこどもたちに「教育」を行います。
保育施設とは違い、こどもたちを預かる時間は4時間となっておりその時間はクラスの担任として、こどもたちと過ごすことが基本となります。
保育士と同じく「こどもと遊ぶ」ということ以外に、毎日のカリキュラムの作成・活動のための準備、行事の企画・進行・職員会議・書類作成など様々な業務があります。



令和3年度 卒業生就職実績

卒業生の主な取得資格

主な就職先(業種)

など


大卒保育士・ 幼稚園教諭の魅力

保育士・幼稚園教諭になるために短大や専門学校で学ぶ人がいますが、大卒資格を取得して保育士や幼稚園教諭になる人もいます。
大学だと、修業時間が長いことで公務員保育士になるために対策する時間をしっかり取れることなど、メリットもたくさんあります。

大卒保育士・幼稚園教諭の特長 1

公務員の保育士・幼稚園教諭をめざしやすい!

公務員の保育士や幼稚園教諭になるためには、採用試験に合格しなくてはなりません。大卒資格を有する人は学ぶ時間が長い分、専門知識を深める事ができ、その分採用試験に有利となります。
法定労働時間を超えて勤務する長時間労働が問題視されるケースもありますが、公務員の勤務時間は8:30 ~17:00までの7時間45分(休憩45分)、週38時間45分と決められています。

大卒保育士・幼稚園教諭の特長 2

短大卒・専門学校卒の保育士より給与が高くなるケースも!

一般的に大卒は短大卒や専門学校卒の人より給与が高くなることが多いですが、保育士は給与が変わらないケースが多いと言われてきました。しかし保育士不足が言われる昨今では、条件や待遇をよくして人材を確保しようとする園も増えています。
幼稚園教諭は大卒、短大卒や専門学校卒では取れる免許が変わるので、大卒の方が有利と言われています。
公務員の保育士や幼稚園教諭は民間施設に比べて給与面でも優遇されています。年収は年齢とともに上昇し、年2回のボーナスはほぼ確約。退職金も保証されています。

将来の給料のイメージ

■ 大卒保育士の平均月収・年収例

給与(手当、賞与込み)

年収
初任給*
24万9000円
298万8000円
保育士
30万4000円
364万8000円
主任保育士
56万2000円
674万4000円
施設長
63万3000円
759万6000円

*初任給は短大卒データ
参考資料:総務省「令和元年地方公務員給与の実態」、厚生労働省:「令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査」など

■ 地方公務員(幼稚園教諭/大卒)の平均月収・年収例

給与(手当、賞与込み)

年収
初任給*
28万1000円
337万2000円
教諭(35歳)
37万9000円
454万8000円
主幹教諭(45歳)
53万8000円
645万6000円
教頭(50歳)
57万6000円
691万2000円

※年齢別データがないため、教諭(35歳)、主幹教諭(45歳)、教頭(50歳)と設定
参考資料:総務省「令和元年地方公務員給与の実態」、厚生労働省:「令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査」など


MESSAGE

from student

安藤 真悠さん

保育・介護・ビジネス名古屋専門学校
社会福祉学科 保育児童福祉コース 4年

愛知県立瀬戸北総合高等学校 出身

数多くの科目を実践的に学べる4年間が
夢を実現する力を育てます

私は自分から意見を言うのが苦手な性格で、少人数制でディスカッションやグループワークを中心とした授業を取り入れた本校の特色にひかれ、入学を決めました。
授業は座学だけでなく実技科目も豊富。アレルギー症状を緩和する注射の使用方法を学ぶ授業では、針のついていない練習用の器具を体に刺して練習しました。「教科書で見たことがある」と「実際に使ったことがある」には大きな違いがあり、実践的な学びを得られたこの授業は強く印象に残っています。ピアノの授業では、弾けなかったところを見て、どう弾くといいかをていねいに指導していただけました。実際に園や施設で働いていたことのある先生が多く、現場の経験談を教えていただけることも実践的な学習になっています。
先輩や同じ学科の学生と一緒に受ける授業もあり、親睦を深めたり気になっている科目について聞いたりする機会も得られ、充実した学校生活を送ることができる学校です。

from ex-student

保育士・幼稚園教諭
寺島 麻水さん

社会福祉法人茶屋福祉記念会
茶屋とくしげ保育園 勤務
保育・介護・ビジネス名古屋専門学校
社会福祉学科 保育児童福祉コース
2020年3月卒業
名古屋市立若宮商業高等学校(愛知県) 出身

保育士として一人ひとりに向き合い
子どもたちの成長を見守りたいです

高校生のときインターンシップで保育園へ体験に行き、子どもと関わることの楽しさを知りました。専門知識をじっくり勉強できたのは、4年制ならでは。実習期間も余裕があり、十分に準備して臨めましたし、幼稚園では2回実習する機会を得ました。秋の実習では運動会に向けた活動を通じて、子どもたちの成長する様子と先生方の思いや工夫に接し、私も同じように子どもたちの成長を見守りたいと思いました。

就職後は、まず先生方を見て保育の仕方を学び、今は日々の生活や行事などいろいろな事柄に挑戦しながら保育を身につけています。子どもにどう声をかけたら意欲が出るか、安心するかといったことは、一人ひとり違いますし、日によっても異なります。適切な関わり方を見つけるのは難しいことではありますが、子どもたちの成長した姿を見られるのは何よりのやりがいです。今後も幅広い年齢のさまざまな子どもたちと関わり、経験を増やして成長したいです。