大卒+ソーシャルワークの実践力!
「社会福祉」を広く深く学べるコース
4年制/大卒

東京福祉大学卒業資格(学士)+α!!

東京福祉大学社会福祉学部社会福祉学科社会福祉専攻と併修

他校とここが違う!4つのメリット

  • 社会福祉士・精神保健福祉士両方の受験資格が取得できる

  • 国家試験対策が通常授業に組み込まれている

  • フィールドワークや手話など実践的な学習もできる

  • クラス担任制・学生相談室(カウンセラー)による親身の指導

地域の人たちに安心を与える 「社会福祉」のスペシャリスト!

社会福祉士の仕事

社会福祉士は地域や施設などで働く場合、うまく生活ができない人(寝たきりの高齢者や身体障害者)に社会福祉サービスを用いて支援を行います。これらの方々が日常生活を送る上で不便と感じることの相談にのったりそれらを解決する手段を提案することが主な業務です。
役所や支援センターなどで働く場合は、生活困窮者の相談にのることが重要です。就職先を見つけるためのレクチャーや、生活や資金を支援する制度を探して利用を促したりと、相談者が普通の生活が送れるように努める役割を担います。
病院・保険医療機関などで働く場合は、医師や看護師とは違う立場から患者さん本人、その家族が抱える問題を解決に導く役割を担います。療養中の患者さんやその家族には、経済的・社会的・精神的な問題が多く発生します。その個々の相談に乗り関係機関と連携を図り社会復帰を促していきます。


支援相談員の仕事

支援相談の仕事は介護老人保健施設で老人ホーム同様に入所相談や入所後の生活相談にのったりします。
利用者が入所後すぐに在宅で支援を開始できるように、介護士・医師・看護師・リハビリ職員など様々な人と連携を図り在宅復帰を目指す役割を担います。


生活相談員の仕事

寝たきりや身体障害がある高齢者など日常生活を送ることが困難な人の老人ホームへのサポートや入居している利用者とその家族の相談に乗り、適正な対処をしていきます。
特別養護老人ホームでは、優先的に入居が必要な人の情報収集も行い、入居契約時には、家族の不安にも適切に対応し、医療機関や自治体などと連携をしながらサポートをする役割を担います。



令和2年度 卒業生就職実績

専門学校卒業時に取得できる資格

※1 高度専門士とは、4年制の学科の専修学校の専門課程のうち一定の要件を満たした学校が卒業生に対して授与する称号です。
高度専門士の称号を得ると、大学院への進学が可能となり、より深い知識を得ることが可能となり、未来の可能性が広がります。

※2 編入学生は取得できません

大学卒業時に取得できる資格

大学卒業時に取得できる資格・教員免許状で(希望者)のものは、大学の科目を追加履修することにより取得できる資格・教員免許状で、追加の費用・集中授業への出席などが必要です。資格・教員免許状取得のための追加履修科目は自学自習となるものもあるため、将来の目標や就きたい仕事に合わせて取りたい資格・教員免許状を選択されることをおすすめします。

特別支援学校教諭一種免許状を取得するためには、基礎資格として幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭免許状(一種または二種)のいずれかが必要です。教員免許状を1つも持っていない方が本学科で特別支援学校教諭一種免許状を取得するためには、幼稚園・小学校教諭一種免許状のうち、いずれかの資格課程登録を同時に行い、所定の費用を納入し、追加で単位を修得する必要があります。なお、養護教諭一種免許状を基礎資格とすることはできません。

主な就職先(業種)


社会福祉士の魅力

子どもから高齢者、障害のある方、生活困難者などが、
日常生活をスムーズに送れるよう支援・援助する社会福祉士。
社会福祉士国家試験に合格すると、社会福祉士として活動ができるようになります。
活躍の場は公的な機関から民間企業までどんどん広がっています。

社会福祉士とは?

相談者の状況を把握し、適切にアドバイス!

社会福祉士は「ソーシャルワーカー(SW)」と呼ばれる社会福祉専門職の国家資格です。子どもから高齢者、障害のある方、身体的・精神的・経済的な悩みのある生活困難者の方から相談を受け、日常生活がスムーズに行えるよう支援したり、困っていることを解決できるように支えたりする専門職です。
社会福祉士の重要な仕事の一つが、相談者が困っていることや抱える悩みをしっかり聞き、一人ひとりの状況を把握しながら最適なアドバイスを導き出す「相談援助業務」です。
社会福祉士は、信頼関係を築いて相談者の人生に深く関わるやりがいのある仕事です。それが何よりの魅力です。

社会福祉士の就職は?

公的な機関から民間企業まで、幅広く活躍できる仕事!

相談援助業務自体は国家資格を取得しなくても行うことはできますが、国家試験に合格しなければ、社会福祉士として仕事をすることができません。社会福祉士は児童相談所、障害者支援施設、老人ホーム、病院、市町村役場などのほか、小学校や中学校などの教育機関でもニーズがあります。

また、福祉サービスを行う民間企業や公的な機関の福祉事務所などでも社会福祉士が求められています。経験を積んだ後は独立開業する道も開かれています。

社会福祉士の収入は?

大卒の学歴と資格手当で手取りアップの可能性大!

社会福祉士の基本給はおおむね民間企業と同程度で、東京福祉大学卒業資格を取得することによって基本給のほかに1~4万円程度の資格手当が支給される職場もあります。

充実した国家試験対策【2020年度実施例】

授業の振り返りをしっかりと

3〜4年次に開講される「国家試験対策講座Ⅰ~Ⅳ」で、通常の授業で学んできた内容を振り返り、国家試験問題とリンクさせ徹底してしっかり学習。基礎とポイントをたたき込みます。

傾向と対策を徹底学習

4年次には「国家試験対策講座」に加え、「社会福祉研究Ⅰ~Ⅱ」も履修。国家試験対策授業の科目が手厚くなります。「社会福祉研究Ⅰ~Ⅱ」では過去問や予想問題を使って、傾向と対策を図ります。

直前の試験対策も充実

4年生の長期休暇(夏・秋・冬)にも集中授業を開講。2月の国家試験に備えます。


MESSAGE

from teacher

社会福祉学科 社会福祉コース 教員
小園 麻里菜先生
人間科学修士

座学と実践学習を織り交ぜ、知識を立体的に広げます。

本コースでは福祉の知識を座学で深めるだけでなく、フィールドワークも豊富です。福祉系のイベント参加や福祉施設の見学、ボランティア実習では、実践力を身につけられるのはもちろん、福祉に対する視野を広げ、社会福祉士など将来の仕事を具体的にイメージする大切な機会になります。

アクティブ・ラーニングが、深く考える習慣をつけます。

授業で特に力を入れているのは、実際の事例や研究に触れること、そして学んだ知識の活かし方を考える機会を取り入れることです。アクティブ・ラーニングの授業形式に慣れていくうちに、学生の皆さんには自然と「自分の頭で深く具体的に考える」習慣が身につきます。これは、実際に仕事をする場面でもとても重要になると思います。

密なコミュニケーションで幅広い視点とチームワークを養えます。

教員と学生、学生同士が密にコミュニケーションできるのは、クラス担任制ならでは。4年間の学生生活では授業やそれ以外の時間を通じてさまざまな視点や考え方に触れること、周囲と協力すること、意見を出し合うことを経験できるので、働くうえで大切なチームワークが養われていきます。

from student

社会福祉学科 社会福祉コース 4年
小澤 佳純さん
聖霊高等学校(愛知県)出身

クラス担任制だから、密に勉強できます。

社会福祉士になるためには多くの専門知識が必要です。「担任の先生がついてくれるなら、必要な知識をじっくり勉強できる」と思い、本校を選びました。実際に入学すると、想像していた以上にクラスメイトと助け合って学べて楽しいですし、先生方もとても話しやすく質問や相談も気軽にできるのがとてもうれしいです。

座学だけではない実践的な学習機会が豊富な学校です。

授業や実習のなかでとくによかったのが、ソーシャルワーク実習。実習では、授業で学んだことを実際の施設で実践するなかで、利用者様とのコミュニケーションの取り方など現場でこそ得られる学びがありました。学校では先輩とお話しさせていただく機会もあり、座学だけでは学べないたくさんの勉強をすることができます。

国家試験や就職試験に向けて、指導や対策が手厚いです。

私はいままさに、国家試験対策に一生懸命取り組んでいるところです。過去問中心の授業では繰り返し関連内容を復習してくださるなど、試験対策がとても手厚いと感じます。また、文章作成の場面では、就職試験の小論文を意識した指濤が受けられるのもうれしいポイントです。

from ex-student

社会福祉士・精神保健福祉士 花妻 信さん
保育・介護・ビジネス名古屋専門学校 社会福祉学科 社会福祉コース 2010年3月卒業
名古屋市役所勤務
愛知県立犬山南高等学校出身

障害者支援を支える福祉系公務員には、強い必要性と責任、安心を感じます。

「人の役に立つ仕事がしたい」と考え、相談援助職を志望。いまは名古屋市職員として、デイサービスやグループホームなど障害福祉サービスを提供する事業者に関する事務業務を担当しています。事業者の先には利用者がいるので、利用者視点のために相談援助に関する意識は欠かせません。こうしたかたちで福祉に携われることはもちろん、勤務・給与体系といった観点でも安心が得られるのも、公務員の社会福祉士ならではです。

精神保健福祉士・社会福祉士 山里奈津紀さん
保育・介護・ビジネス名古屋専門学校 社会福祉学科社会福祉コース 2018年3月卒業
医療法人静心会桶狭間病院藤田こころケアセンター勤務
沖縄県立那覇商業高等学校出身

患者様の「その人らしい生活」を支える仕事。チームでの支援にも楽しさがあります。

精神科の長期入院患者様には、家庭や社会に“受け皿”がないことから退院が難しくなるケースが少なくありません。
退院が決まっても、退院後の生活環境を整えるためのサービス利用が必要になる方、退院後にお困りになって訪ねてこられる方が多くおられます。
そうした中で患者様の状況を理解し、他の職種・機関と連携して、患者様が「その人らしい生活」を送れるよう支援するケースワーカーの仕事には、大きな必要性を感じています。