大卒+カウンセリング力+福祉の実践力!
こころの「すべて」が学べるコース
4年制/大卒

東京福祉大学卒業資格(学士)+α!!

東京福祉大学心理学部心理学科と併修

他校とここが違う!4つのメリット

  • 大学の心理学部のカリキュラムを勉強できる

  • 社会福祉士・精神保健福祉士受験資格が取れるので、福祉系相談職の就職も強い

  • 大学院進学が可能なので公認心理師や臨床心理士をめざせる

  • クラス担任制・学生相談室(カウンセラー)による親身の指導

一人ひとりに寄り添う 「こころ」のスペシャリスト!

精神科ソーシャルワーカー(P S W)の仕事

精神保健福祉士の仕事は精神障害がある人やその家族への援助です。
日常生活の訓練をすることのできる施設での指導や就労に関しても支援やアドバイスを行うことで、精神障害者の方の生活がより良いものになるように社会復帰のための相談・援助をしていきます。
医師や臨床心理士と連携をとりながら行う業務だけではなく行政機関での各種手続きや給付金制度の案内などの業務を行うこともあります。


心理カウンセラーの仕事

心理カウンセラーの仕事は具体的には、カウンセリングなどの心理療法を行いながら相談者が抱えるストレスや悩みのサポートを行います。
相談者自身が問題を解決できるように導いていくのが心理カウンセラーの役目です。
また対象となる相談者に対し、日々カウンセリングを行っていくことに加えて、様々な専門技法で心身のトラブルを早く取り除いていくことも大事な仕事です。



令和2年度 卒業生就職実績

専門学校卒業時に取得できる資格

※1 高度専門士とは、4年制の学科の専修学校の専門課程のうち一定の要件を満たした学校が卒業生に対して授与する称号です。
高度専門士の称号を得ると、大学院への進学が可能となり、より深い知識を得ることが可能となり、未来の可能性が広がります。

※2 編入学生は取得できません

大学卒業時に取得できる資格

大学卒業時に取得できる資格・教員免許状で(希望者)のものは、大学の科目を追加履修することにより取得できる資格・教員免許状で、追加の費用・集中授業への出席などが必要です。資格・教員免許状取得のための追加履修科目は自学自習となるものもあるため、将来の目標や就きたい仕事に合わせて取りたい資格・教員免許状を選択されることをおすすめします。

特別支援学校教諭一種免許状を取得するためには、基礎資格として幼稚園・小学校・中学校・高等学校教諭免許状(一種または二種)のいずれかが必要です。教員免許状を1つも持っていない方が本学科で特別支援学校教諭一種免許状を取得するためには、幼稚園・小学校教諭一種免許状のうち、いずれかの資格課程登録を同時に行い、所定の費用を納入し、追加で単位を修得する必要があります。なお、養護教諭一種免許状を基礎資格とすることはできません。

主な就職先(業種等)


精神保健福祉士の魅力

人々のこころに寄り添う精神保健福祉士は、高度な知識が求められる専門職です。
多様性(ダイバーシティ)が重視される現代社会において
相手の思いを理解するとともに、社会環境や状況にも目を向けて課題を解決する重要な仕事です。

精神保健福祉士とは?

多様性が重視される現代社会の注目職種!

精神保健福祉士は、精神保健領域に特化した相談援助の専門家で、「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる専門職の国家資格です。こころの病により、さまざまな困難を抱えた人々がその人らしく生活できるように、生活支援、助言、訓練、社会参加の手助け、環境調整などを行います。
人々の多様性が重視される現代社会において、精神保健福祉分野の専門家としてその役割が期待されています。
自分のアドバイスをきっかけに患者様の心から不安や悩みが少しずつ晴れていくのを感じられたときは、精神保健福祉士も大きな歓びを感じられるでしょう。

精神保健福祉士の就職は?

病院以外にも各種施設で需要が高まる!

精神保健福祉士のニーズは高まっていて、精神科病院や心療内科、クリニック精神科病院など活躍の場が多くあります。
また、障害者福祉施設や、障害者の相談に応じる相談支援事業所、共同生活援助(グループホーム)でもニーズがあります。

精神保健福祉士の収入は?

大卒の学歴と資格手当で手取りアップの可能性大!

精神保健福祉士は国家資格なので、基本給のほかに本校で東京福祉大学卒業資格を取得することによって1~4万円程度 の資格手当が支給される職場もあります。正社員/正規職員以外に非常勤での採用も多く、仕事と家庭を両立させるなど、ラ イフスタイルに合わせた働き方を選択できます。

充実した国家試験対策【2020年度実施例】

社会福祉学科で取得できる精神保健福祉士国家試験受験資格は、希望者のみの取得資格。資格希望者は精神
保健福祉士課程の追加履修が必要です。国家試験対策は以下の通り行っています。

社会福祉士と共通科目の受験対策

精神保健福祉士の国家試験は社会福祉士の国家試験との共通科目が半数以上。共通科目は社会福祉士国家試験を受験する学生と一緒に対策講座を受講します。

精神保健福祉士専門科目の受験対策

精神保健福祉士専門科目の授業内で、専任教員の受験対策指導を受けながら国家試験合格をめざします。


MESSAGE

from teacher

社会福祉学科 心理学コース 教員
平見 友希先生
教育学修士

「経験して学ぶ授業」と「科目の併修」で応用力がつきます。

10年以上本校で教壇に立っていますが、心理学系の科目はどうしても座学中心で知識を学ぶことが多くなりがちです。そこで、実際に心理検査を行って結果を考えるなど"実経験"できる授業を意識しています。また、本校では社会福祉学など他コースの分野を横断的に学ぶため、幅広い分野に対応できる応用力が身につきます。

コミュニケーションを通じて、問題解決力を自分の力に。

アクティブ・ラーニングを取り入れている本校ではディスカッションが多く、教員と学生の距離も近いため、授業の内外でコミュニケーションが豊富です。そこではいろいろな力が培われますが、言葉を交わすことで問題に気づき解決に導く「問題解決力」を習得することは、実際の仕事の場面でとくに大きな力になると思います。

イベント参加の実践型授業が将来に生かせる経験になります。

学生の皆さんには、働く場所や地域に貢献できる広い視野をもった社会人になってほしいと期待しています。在学中は、イベント参加を通じて地域とのつながりを学べる実践型授業「地域コミュニケーションワーク」もありますので、そうした機会を有効に活用し、将来に生かしていただきたいです。

from student

社会福祉学科 心理学コース 4年
中嶋 桜菜さん
岐阜県立東濃実業高等学校出身

実践的な心理学と、福祉などの関連学問を併修できます。

明るく笑顔を絶やさない社会福祉士になり、困っている人の力になるのが私の夢。このコースでは実践的な心理の勉強ができるのはもちろん、社会福祉・精神保健福祉など心理学に関連する福祉の知識を同時に勉強することができます。これは、大学併修制度で大学カリキュラムを受講することが可能な本校ならではの魅力です。

大卒資格や多様な資格取得で、進路の幅を広げられます。

大学併修制度によって、専門学校と大学の卒業資格を両方取得できるのも大きなメリット。大卒として就職活動にのぞめるのは大きな武器になります。そのほかにもさまざまな資格を得られ、追加履修すれば社会福祉士や精神保健福祉士の受験資格の取得も可能に。就職先も含め、進路の選択肢が大きく広がるコースです。

同級生、先輩・後輩、地域の方……幅広い交流があります。

学生はみんな個性豊か。クラスはとても仲がよく、空き時間には近くのカフェで一緒にレポート学習をしたり、おしゃべりなどをして楽しく過ごしています。また、他コースとの合同授業・イベントや学年合同の課外授業、地域イベントヘの参加などで、人のつながりが幅広くなり視野が広がるのがうれしいです。