MENU
4年制 大卒 職業実践専門課程

作業療法学科

NAGOYA - COLLEGE

大卒+リハビリ力+福祉力
現場に強い作業療法士を育てます。

東京福祉大学社会福祉学部社会福祉学科社会福祉専攻と併修

専門学校卒業時に取得できる資格

高度専門士※1 作業療法士国家試験受験資格

  • ※1高度専門士とは、4年制の学科の専修学校の専門課程のうち一定の要件を満たした学校が卒業生に対して授与する称号です。
    高度専門士の称号を得ると、大学院への進学が可能となり、より深い知識を得ることが可能となり、未来の可能性が広がります。

大学卒業時に取得できる資格

学士(社会福祉学) 社会福祉主事任用資格 児童指導員任用資格 児童福祉司任用資格(要実務経験) 身体障害者福祉司任用資格 知的障害者福祉司任用資格

主な就職先(業種)

病院・診療所 老人保健施設 身体障がい者福祉施設 精神障がい者福祉施設

ここが魅力!

  • 東京福祉大学の卒業資格を取得し大卒として就職ができる!
  • 全員が国家試験を受験し合格するための充実したサポート体制!
  • 高度な東京福祉大学のカリキュラムにより、作業療法士に密接した領域である
    社会福祉やこころの問題が専門的に学べます!
  • クラス担任制によるきめ細かい指導!
  • 卒業後も国家試験対策講座を受講することが可能
  • 就職に有利な職業実践専門課程

生きがい支援のスペシャリスト!

作業療法士の仕事

作業療法士は国家資格ですので資格を武器にして様々な場所で活躍できます。
一般病院やリハビリテーション病院、精神科病院、老人保健施設、障害者福祉施設など幅広い場面で力を発揮し、将来の可能性が広がります。
作業療法士は利用者さんが退院後の日常生活をスムーズに送るためにご家族と一緒に退院後の生活を考え、環境を整え寝たきりにならないような生活の工夫を行い支援していきます。
「食事をする」「料理を作る」「文字を書く」「歯を磨く」など生活する上で必要不可欠な動作を出来る様に支援するのが作業療法士の仕事です。
現在は精神科の病院などで活躍する作業療法士もいます。

MESSAGE

作業療法学科 教員
杉野 潤也先生
教育学修士
作業療法士

思考力、創造力、問題解決能力...作業療法士に必要な力を培います。

患者様一人ひとりに必要な支援を行う作業療法士の仕事では、思考力や想像力、問題解決能力が求められます。本校ではアクティブ・ラーニングをはじめとする授業を通じ、学生に対して「なぜ、どうして?」と問いかけます。そして疑問に対して学生自らが答えを追い求め、ベストな解決方法を見出すことのできる力を養います。

国試対策はグループ学習で学生同士が高め合うスタイルを重視。

本校の国家試験対策は、学生同士がお互いに教え合うことで理解を深めるグループ学習を重視しています。もちろん教員も徹底的にサポートしますし、必要に応じて補講も実施。相手の理解度を確認しながら説明方法を考える学習の積み重ねは、試験突破にも将来患者様と向き合う際にも大きな助けとなるはずです。

学生との対話は大切な時間です。質問、相談、聞かせてください。

授業でも授業以外でも、学生との対話をとても大切にしています。授業のどの部分でつまずきそうになっているのか、悩んでいることはないか......何でも聞かせてください。皆さんの4年間を、教員一同全力で支えます。体調管理やメンタルコントロールの悩みに個別に対応できるのは、医療系の学校ならではです。

作業療法学科 4年
東 和佳奈さん
三重県立尾鷲高等学校出身

自分の意見を言うこと、他者の意見を聞くことを学べます。

アクティブ・ラーニングを取り入れた授業では、自分で考え気づく時間も、ほかの人の考えを聞く時間も勉強になります。ディスカッションでは自分の意見を発言することが苦手ではなくなりましたし、人の意見を聞くことにも慣れました。作業療法の現場でスタッフや患者様とお話しするとき、こうした経験が役立つと思います。

大学併修の学びで書く力と福祉・心理の知識が身につきます。

作業療法士として仕事をするなかでは、記録や報告書など多くの場面で書く力が求められると聞いています。併修する大学科目ではレポート課題が多く、そうした機会を通じて書く練習をたくさん積み重ねることができるのはありがたいです。また、作業療法士として役立てられる心理学や福祉を学べるのも魅力です。

学ぶ気持ちに真摯に寄り添ってくださる先生の存在が心強いです。

本校の大きな魅力は、先生方との距離が近いこと。質問しやすいこと、説明がわかりやすいことはもちろん、どんなに細かいことを尋ねても学びたい気持ちを否定せず、こちらが納得するまで教えてくださるのがとてもうれしいです。本校の先生となら学ぶ意欲が一層高まり、知識と技術が着実に身についていきます。

患者様の幸せを第一に考える。当たり前のことができる作業療法士になりたい

大学併修制度がある本校で過ごした4年間はかなり忙しかった印象がありました。その分4年間で得た多くの経験が今の現場で活かされることを感じています。精神科では、患者様の意欲が落ちているときに、患者様が持っている力ややる気を引き出さなくてはなりません。そんなときに作業療法士の仕事が役立っていると実感しています。今後も患者様の幸せのために、作業療法士として頑張っていければと思っています。

作業療法士 大野 篤さん
理学・作業名古屋専門学校作業療法学科2017年3月卒業
星城高等学校(愛知県)出身
医療法人岩屋会岩屋病院勤務