MENU
4年制 大卒 職業実践専門課程

理学療法学科

NAGOYA - COLLEGE

大卒+リハビリ力+福祉力
現場に強い理学療法士を育てます。

東京福祉大学社会福祉学部社会福祉学科社会福祉専攻と併修

専門学校卒業時に取得できる資格

高度専門士※1 理学療法士国家試験受験資格

  • ※1高度専門士とは、4年制の学科の専修学校の専門課程のうち一定の要件を満たした学校が卒業生に対して授与する称号です。
    高度専門士の称号を得ると、大学院への進学が可能となり、より深い知識を得ることが可能となり、未来の可能性が広がります。

大学卒業時に取得できる資格

学士(社会福祉学) 社会福祉主事任用資格 児童指導員任用資格 児童福祉司任用資格(要実務経験) 身体障害者福祉司任用資格 知的障害者福祉司任用資格

主な就職先(業種)

病院・診療所 老人保健施設 身体障がい者福祉施設 スポーツ関係

ここが魅力!

  • 東京福祉大学の卒業資格を取得し大卒として就職ができる!
  • 全員が国家試験を受験し合格するための充実したサポート体制!
  • 高度な東京福祉大学のカリキュラムで学ぶため介護保険制度や
    ソーシャルワーク理論、リハビリテーションにも必要な社会福祉も学べる!
  • クラス担任制によるきめ細かい指導!
  • 卒業後も国家試験対策講座を受講することが可能
  • 就職に有利な職業実践専門課程

運動機能回復のスペシャリスト!

理学療法士の仕事

理学療法士は国家資格ですので、資格を武器にして様々な場所で活躍できます。
特に高齢化社会が訪れた現在は医療現場だけでなく、福祉施設など
これから社会に求められ将来性があります。
理学療法士はまだまだ人手不足なので就職率も非常に高いです。
起き上がる・立つ・座るなどの基本動作、機能回復を目的に運動療法、電気、光線治療を行い日常生活や社会復帰を支援する他、健康を維持する、悪化を予防するなどを目的として

幅広い活躍も求められており、健康推進、スポーツ医学、スポーツトレーナーなどの分野と多岐にわたり必要とされる職業の一つです。

最新機器のViconをいち早く導入!

Viconは、オックスフォード大学が開発した3次元動作解析器、いわゆるモーションキャプチャーです。皆さん もゲームや映画のCGを作成する時に全身に銀色のボールを着けている人がたくさんのカメラの中で動いて いるのを見たことがありませんか?この機械は、人間や動物など様々な動くものを科学的に解析して、例えば 人間であればどこの関節に負担がかかっているかなどを客観的に見るものです。この機械は実際に講義の 中で皆さんが使用することができます。講義外でも教員と一緒に使うことができるので、ぜひ実際に使用し て科学的に自分がどんな運動をしているのか一緒に勉強しましょう!

MESSAGE

理学療法学科 教員
中束 大先生
理学療法士
社会福祉士

医療現場で必要な“書く力”“コミュニケーション力”が磨かれます。

患者様の電子カルテや、学会での研究発表等、医療現場では意外に書く力が求められます。本校の科目の中でも特に大学のカリキュラムはレポートを書く機会が豊富。その積み重ねは確実に医療現場で必要な“書く力”を磨きます。またレポートを書く過程で行うクラスメイトとの意見交換は、人相手の仕事に必要な“コミュニケーション力”も強くします。

いいアウトプットのために、グループワークで良質なインプットを。

ディスカッションやグループワークでいいアウトプットをするためには、量だけでなく質のいいインプットが不可欠です。授業は「教員からの一方通行ではない、わかりやすい内容」を基本柱とし、知識の習得や実技を織り交ぜた授業で、学生の皆さんが良質なインプットを得られるよう心がけています。

資格と自信をもてるよう、万全の国家試験対策を用意します。

資格の取得は、学生の皆さんが夢を実現するためのスタートラインです。同時に、しっかり努力して資格取得を達成すれば、自身のなかで大きな自信になるでしょう。学生の皆さんが大きな自信をつけて将来へのスタートラインに立てるよう、本校では万全の国家試験対策を敷き、教員一同で指導にあたります。

理学療法学科 3年
倉見 圭伸さん
愛知県立美和高等学校出身

大学併修制度で学習する福祉の知識は、将来必ず役に立ちます。

本校は大学併修制度があり、理学療法士になるための専門科目に加えて、福祉や心理といった大学科目を学ぶことができます。大学のカリキュラムで学ぶ社会福祉の知識は、高齢の患者様の対応にも役立つはず。私が志している「患者様に合わせて柔軟な対応をとれる理学療法士」になるために将来必ず生かせるはずです。

学生同士での意見交換や先生との対話が楽しいです。

授業でとくに楽しいのはグループディスカッション。ほかの人の意見を聞くのは興味深いですし、内容をまとめて発表することでグループでまとまろうとする力、発表する力が身につきます。実技の授業では先生たちの臨床での経験談などをうかがい、教科書には書いていないリアルな現場を知ることができるのも面白いです。

クラス担任制で先生とも同級生とも距離が近いです。

ほかの学校では100人近いクラスの授業もあるなか、本校はクラス担任制で高校に近いクラスの規模。おかげで同級生とも仲良くなりやすく、毎日の学習がとても楽しいです。先生もていねいに教えてくださいますし、質問への対応もやさしく、学生一人ひとりをきめ細かくみてくださっていると実感できます。

子どもたちの笑顔を引き出す理学療法士になりたい

父方と母方、2人の祖父が理学療法士のお世話になった時、この仕事の重要性を感じ、理学療法士をめざしました。現在は重症心身障がい児の放課後等デイサービスで勤務しています。社会に出てから、人としてどうあるべきかをOSCE(客観的臨床能力試験)という実技試験で何度も練習できたことが役に立っています。私は今、リハビリの中に遊びを組み込める理学療法士になりたいと思っています。子どもたちが楽しめる訓練に取り組むことで、子どもたちから少しでも多くの笑顔を引き出せたら嬉しいですね。

理学療法士 小宅 香奈美 さん
理学・作業名古屋専門学校 理学療法学科 2017年3月卒業
済美高等学校(岐阜県)出身
一般社団法人Re smile りすまいるリハビリセンター勤務