東京福祉大学名古屋キャンパス併修校

学校法人たちばな学園 厚生労働大臣指定校

校章の由来

大海を渡る御朱印船(「茶屋船交趾渡航貿易絵巻」より)
フロンティア・スピリット-未来を切り開く開拓精神


本学園の校章には大海を行く「御朱印船」がデザインされています。本学園理事長である中島の先祖である茶屋四郎次郎は、約400年前の江戸時代初期、まだ海外への渡航が命がけであった時代に、この「御朱印船」で荒波を乗り越え、遠く安南(今のベトナム)にまで渡航し、海外貿易に従事しました。命がけで未知の世界に飛び込み、わが国の発展のために尽くした冒険者の精神、国際的な広い視野、人のために尽くそうとする心。こうした精神は、時代が変わった現在でも生きているものだと私たちは考えます。
社会変動の激しい21世紀に活躍できる、柔軟で合理的な思考、国際的な広い視野、未知の問題に取り組む思考力・想像力とチャレンジ精神、人のために尽くそうとする心をもった人材を育成したい。本学園の校章にデザインされた「御朱印船」には、そういう本学園の願いが込められているのです。

Copyright © 2017 学校法人たちばな学園. All Rights Reserved.