東京福祉大学名古屋キャンパス併修校

学校法人たちばな学園 厚生労働大臣指定校

学園の沿革

1991年
10月
学校法人茶屋四郎次郎記念学園(現:学校法人たちばな学園)
東海情報ビジネス専門学校(現:保育・介護・ビジネス名古屋専門学校)開校
私立学校法により、学校法人茶屋四郎次郎記念学園が認可される。
学校教育法により、東海情報ビジネス専門学校が認可される。
日本語学科について、財団法人日本語教育振興協会より認定を受け、認定校となる。
1992年
3月
外語ビジネス情報A学科は、近畿大学豊岡短期大学通信教育部生活情報学科のカリキュラム履修を行う。
1994年
4月
名古屋福祉法経専門学校(現:保育・介護・ビジネス名古屋専門学校)と校名を変更する。
社会福祉学科で、「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく社会福祉士指定科目をカリキュラムに取り入れる。
1994年
12月
厚生大臣指定校となる。
ホームヘルパー養成研修2級課程(通信課程)が、ホームヘルパー養成研修事業として、厚生省より指定される。
1995年
3月
社会福祉士養成通信課程が、社会福祉士一般養成施設等として、厚生大臣より認定される。
1996年
4月
ホームヘルパー養成研修2級課程(通信課程)が、社会通信教育として、文部大臣より認定される。
1997年
3月
ホームヘルパー養成研修事業(1級課程(通信教育)、1級課程(直接講義)、及び2級課程(直接講義))について厚生省より指定を受ける。
介護福祉学科及び介護福祉専攻科が、「社会福祉士及び介護福祉士法」に基づく介護福祉士養成校として、厚生大臣の指定を受ける。
1998年
2月
医療福祉学科が「社会福祉事業法」に基づく社会福祉主事養成機関として、厚生大臣の指定を受ける。
1998年
9月
ホームヘルパー養成研修1級課程(通信課程)が、社会通信教育として、文部大臣より認定される。
1999年
4月
「精神保健福祉士法」に基づく、精神保健福祉士指定科目をカリキュラムに取り入れた「精神保健福祉学科」が厚生大臣指定科目履修校として指定を受ける。
2002年
3月
社会福祉士夜間通学課程が、社会福祉士一般養成施設として、厚生労働大臣より指定を受ける。
精神保健福祉士昼間・夜間通学課程が精神保健福祉士一般養成施設として厚生労働大臣より指定を受ける。
2002年
4月
名古屋医療福祉専門学校(現:理学・作業名古屋専門学校)が開校。
2003年
4月
名古屋福祉法経専門学校に柔道整復学科を設置。
名古屋福祉保育柔整専門学校(現:保育・介護・ビジネス名古屋専門学校)と校名変更。
2008年
3月
法人名を学校法人たちばな学園と変更する。
2009年
11月
介護員養成研修事業において、介護員養成のため、名古屋福祉保育柔整専門学校に介護福祉士サービス科(介護員養成研修2級通学課程)を設置。
2010年
4月
名古屋福祉保育柔整専門学校に国際ビジネス情報学科を設置。
2011年
4月
名古屋福祉保育柔整専門学校を公務員・保育・介護・ビジネス専門学校(現:保育・介護・ビジネス名古屋専門学校)と校名変更。
名古屋医療福祉専門学校を理学・作業名古屋専門学校と校名変更。
2014年
4月
公務員・保育・介護・ビジネス専門学校を保育・介護・ビジネス名古屋専門学校と校名変更。

Copyright © 2017 学校法人たちばな学園. All Rights Reserved.